アロハとカメラ

オアフ島ホノルル在住フォトグラファー梶田和椰のブログです。

スポンサーサイト

Posted by kazuyakajita on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夜中の移動遊園地 (12)

Posted by kazuyakajita on   13 comments   0 trackback


   amusement park05.JPG

( Punahou School 2011 ) Model:KANA









先々週、アラモアナのマジックアイランドに年に一度の移動遊園地がやってきました。

遊園地がないハワイでは沢山の人たちがこの移動遊園地を楽しみにしています。

私も家族と行って楽しんで参りました。

娘がまだ一歳半なので乗れたのはメリーゴーランドだけでしたが。

多くの人々で賑わいとても活気があり華やかな雰囲気でした。





遊び疲れて、夜の8時くらいに家に帰りました。。。。が、

私にはどうしても気になっていた事がありました。



それは



『誰もいない真夜中の移動遊園地とはどういうものなのか?」




家族が寝静まったあと、私はもう一度移動遊園地に舞い戻ったのでした。カメラ片手に。




しかし、私のような真夜中の遊園地に来るような怪しい人間は簡単には会場に入れませんでした。

私のような怪しい訳の分からない訪問者にポリスが目を光らせていたのです。


マジックアイランドのゲートが開く朝4時になったら入っても大丈夫とのこと。





しょうがなく、アラモアナビーチから遊園地を撮ったりしながら時間をつぶしました。




 amusement park07.JPG








そして、4時になりやっと会場に入りました。


目前に広がる誰もいない移動遊園地とは!?

そこで目にした光景とは!?








・・・・ただただ真っ暗!!(汗)

ちょっと怖い。

お客さんが沢山いて華やかだった時間とは当然ながら真逆の雰囲気。

メリーゴーランドの馬達が私に向かって突進してきたり、

観覧車が突然、超高速回転し始めたり

しそうな雰囲気。



しかし、折角来たので三脚をセットし、写真を撮り始めると


んっ?


。。。。ぎゃー!!!レンズが壊れてるぅ~!!!!





以下、レンズが突然壊れて動揺しながら別のレンズで撮った写真です。






   amusement park04.JPG









   amusement park03.JPG









   amusement park02.JPG









真夜中の移動遊園地の雰囲気は伝わりましたか?

私の激しい動揺は隠せておりましたでしょうか?


最初にイメージしていた写真が撮れなかったのは残念でした。





ちなみに私のレンズが壊れてしまった時のラストショットがこちら。








amusement-park05.jpg









ぎゃー!まっまさか!! ツタンカーメンの呪い!?(笑)







ワンクリックをぜひ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村








ドラマチックトーンで撮ってみました。 (7)

Posted by kazuyakajita on   8 comments   0 trackback

私は現在Canonのデジタル一眼レフを使っていますが、

7年程前、フィルムカメラからデジタルカメラに移行しようと考えたときに

激しく悩んだ事がありました。

それは慣れ親しんだCanonでいくか、それともOlympusで新しくシステムを組むかでした。

当時のOlympusにはそれはそれはかっこいいE-1というカメラがありまして、

どうしてもそのカメラを使ってみたかったというのと

OlympusのEシステムのレンズがすべてデジタル専用設計で素晴らしい描写をするというのと

オリンパスブルーと呼ばれるOlympus特有の美しい青色がハワイの景色に合うのでは?

という理由からでした。

結局は35mmフィルムと同じ画角で撮影できるCanonのEOS5Dを選択したわけですが、

その時からずっとOlympusのカメラに憧れ続けておりました。




そんな私に、まりも君(仮名)というOlympus使いの友人が出来まして、

その彼が昨年末、発売と同時に手に入れたOlympusE-5を貸してくれましたので

ワクワクどきどきしながら撮影に行って参りました。




いろいろなセッティングでいろいろな被写体を撮ってみたのですが

特に私がハマってしまったのが

このE-5から搭載された「ドラマチックトーン」というアートフィルターでした。

これは恐ろしいですよ。

何を撮ってもドラマチックな写真になっちゃいますから。



以下、すべてドラマチックトーンで撮った写真です。










dramatic1.jpg

Honolulu Zooにて










dramatic2.jpg

Honolulu Zooにて











dramatic7.jpg

Honolulu Zooにて











dramatic5.jpg

Waikiki Beachにて












dramatic6.jpg

Waikiki Beachにて









いかがでしょうか?

絶妙なコントラストと派手目な彩度が撮影しながら気持ちよくて気持ちよくて。

この快感 "Watch out ! "(気をつけろ!)ですね。

派手な写真は部屋に飾っても飽きられ易いから。じゃない!

E-5欲しくなっちゃうじゃないっ!!がWatch Outの理由です。



E-5いいカメラでしたね。

欲しい機能は全部付いてる感じがしました。

あとやっぱりOlympusのレンズが素晴らしいですね。

シャープな写りをします。





結論としましては


「まりも君!ずっと貸してくれ!!」です。(笑)








↓ワンクリックをぜひ!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。